南京町

神戸の「南京町」は日本三大中華街の1つで、元町や三宮から近いチャイナタウンだ。
神戸の中心地でショッピングを売り、食事を南京町で取るという人も多いだ。
店内だけではなく、店頭に豚まんや小籠包、ちまき、餃子などたくさん売られているので食べ歩きやる楽しさもある人気のスポットだ。
たくさんの中華レストランがあり、人気店には長い行列ができている。
歩いているだけで食欲がそそられて、思わず口にしたくのぼる、そういったカワイイものがたくさん売っています。
中華料理の物珍しい材料や中華雑貨なども払えるため、中国に行った雰囲気の喜べるおしゃれスポットでもあります。

神戸の中心地、元町駅や三宮駅から徒歩で伺えるため多くのツーリストも訪れます。
人気のおしゃれスポット、メリケンパークやハーバーランドにも歩いて通える距離にあるため、セットで巡る人も多いだ。

南京町では、様々なイベントが年間を通じて行われている。
中でも盛大なイベントが「春節祭」だ。
中国では旧正月に花火大会が開催されるなど盛大にお祝いする。
南京町も旧暦の正月をお祝いする「春節祭」が行われます。
毎年50万人というツーリストが回る人気イベントだ。
南京町の中心にいる広場では、コンサートが行われたり、獅子舞が舞ったり、太極拳が披露されたりする。
4月には「興隆春風祭」で伝統芸能の披露があり、9月には「中秋節」で収穫を祝い、12月には「南京町ランターンフェア」があります。
中秋節は旧暦の8月15日に秋の収穫を祝い神様を祀るもので2018年は9月24日になります。
祭壇へ参拝したあと、獅子舞の舞や舞踊、太極拳の披露などが行われます。
ランターンフェアでは、南京町一帯に400以上もの中国提灯をつるしてあたたかな光で南京町をおしゃれに彩ります。
初日には点灯式もあります。
毎月第2金曜には、JA兵庫六甲がグッズの直売を行っています。

南京町にはそれぞれ入口に豪華な装飾の門があります。
東には「長安門」、西には「西安門」、南には「南楼門」。
長安門は大理石の重厚な門で、龍の彫刻が彫られている。
西安門は2005年に建てられた最先端門だ。
華やかな雰囲気で記念撮影におすすめです。
南楼門は1982年に建てられた門の中で断然歴史のある門だ。
夜になると門はライトアップなるので昼間とは違う雰囲気を楽しめます。デブ菌を減らす方法!おすすめのサプリメント【朗報】